軽井沢の歴史について少し知ってみる

1 7月, 2013 (00:00)

行楽地と言えば、軽井沢を思い浮かべる人も少なくないと思います。

軽井沢は自然も多く、景観も非常に美しい町で、とても過ごしやすく、休みに羽を伸ばしに行くのには最適な場所です。

また資産家の方であれば、軽井沢に別荘をお持ちだと言う方もいらっしゃるかと思います。

昔から別荘を持つと言えば、この軽井沢が大変人気なわけですが、軽井沢の別荘が一体いつ頃から有名になったのでしょうか。もちろん軽井沢に行ってみれば、周辺の環境や過ごしやすさから考えても、もちろん人気があるのには納得がいくかとは思うのですが、軽井沢をより楽しむためには、軽井沢の歴史についても少し知ってみるのが良いかも知れません。軽井沢は長野県佐久地方に位置する町です。

このあたりはかつて江戸時代からの活火山である、浅間山があることでも有名で、現在も浅間山の麓にある「鬼押出し園」は、溶岩によって作られた火山高原の景色が大変美しく、観光スポットとして有名です。

明治期に入ってからですが、カナダ人宣教師であるアレクサンダー・クロフト・ショー(Alexander Croft Shaw)が、日本に布教活動のためにやってきて、ショーはしばらくの間、この軽井沢に滞在するようになるのですが、ショーは、この軽井沢がショーの故郷である、トロントに酷似していると感じるようになります。

その後ショーは明治21年に、佐藤忠右衛門の斡旋を受けて、ここ軽井沢に別荘を持つことになります。

ショーがはじめに軽井沢に別荘を建てた後に、外国人宣教師だけでなく、日本国内の政界人や財界人、画家や作家などの文化人にまで広く伝わり、沢山の別荘が建てられるようになりました。こうして現在でも、リゾート別荘の宝庫として親しまれています。





お勧めのレジャー施設

15 7月, 2013 (00:00)

軽井沢は家族で旅行へ行くのにも適しています。

周辺には、観光スポットやレジャー施設も沢山あります。

その中でも、特に私のおすすめであるのが、おもちゃのテーマパーク「 おもちゃ王国」です。

屋内、屋外の施設の両方が楽しめ、屋内施設としては、トミカで自由に遊べる「トミカ・プラレールランド」、シルバーファミリーの人形で遊べる「シルバニアファミリー館」、野球やサッカー、パチンコなどで遊べる「アクションゲームワールド」、女の子に大人気の「リカちゃんハウス」、アンパンマンのおもちゃやすべり台、楽器などで遊べる「ピノチオ館」、思う存分ままごとが楽しめる「ままごとハウス」、創造力をかきたてながら、思いっきりブロックで遊ばせられる「ダイヤブロックワールド」、世界中の木のおもちゃを集めた「木のおもちゃ館」等があり、仮に雨天の場合でも心配なく遊べると思います。

とは言ってもやはり屋外施設の方が、屋内以上にかなり充実しています。

アスレチックやクラフト体験、渓流釣りや動物広場などがあり、水遊びや砂遊びをすることも可能で、自然に触れ合える施設がたくさん用意されていますし、大観覧車やパノラマゴンドラ、レッツゴートーマス・レッツゴーパーシー、ゴーカート、空中自転車、メリーゴーランド、ドラゴンコースター、チューチュートレイン、トランポリン、リンドバーク、てんとうむし、ちびっこ宝島、バッテリーカー等々、特に小さいお子様がいらっしゃる場合は、ゴーカートに連れて行くと喜ばれるでしょう。



軽井沢の景観・環境保護

28 8月, 2013 (00:00)

以前にもアレクサンダー・クロフト・ショーについて書きましたが、かつてショーは別荘を大塚山に建てました。この建物は一度移築されますが、1980年代に復元され、現在はショーハウス記念館として、自由に見学できるようになっています。

明治以降寂れていた軽井沢が、別荘地として知られるようになったのは、アレクサンダー・クロフト・ショーと、欧米人へのもてなし方を積極的に学んだ亀屋の主人・佐藤万平の功績ではないかと思います。

欧米人や財界人、経済人、文化人の別荘が増えていったのは、アレクサンダー・クロフト・ショーから発信された、今で言うところの「口コミ」と、佐藤万平による挑戦心と、一早く欧米人向けの商売に着手したという、行動力があったからではないかと思います。

こうして現在、軽井沢には沢山の別荘があるわけですが、一言に軽井沢といっても、範囲も広いですし、軽井沢は場所、別荘毎に、それぞれコンセプトがあり特色を放っています。

軽井沢は自然が多いだけでなく、美しい景観を保っていられるのは、軽井沢町の景観や環境を保護する規制があり、「自然保護のための土地利用行為の手続等に関する条例」というのも定められているからです。

また軽井沢は長野県を代表する景勝地として知られるため、「長野県景観条例」による浅間山麓景観形成重点地域の指定を受けており、土地建物に関しては、「町の景観と自然環境に配慮しなければならない」となっています。

カナダから来た宣教師によって別荘が建てられたことをきっかけにして、その後別荘が増えていったこの軽井沢ですが、現在も自治体の努力によって町の景観や自然環境が保たれているということですね。



軽井沢の遊び方

17 9月, 2013 (00:00)

軽井沢にまだ慣れてない方は、どうやって遊ぶか悩ましいのではないでしょうか。まず基本的に車で行かないほうがいいでしょう。軽井沢駅周辺は(特にシーズン中は)ひどい渋滞に巻き込まれます。

また軽井沢町内を車で移動していても、都会ほど駐車場がありませんので、食事をしたり、どこかに入ろうとしても、なかなか駐車するところがありません。歩いて町を観光するのも良いですが、一番ベストはサイクリングも兼ねて、自転車で移動することです。

普段お仕事柄あまり運動されないという方や、ストレスが多いという方にとっては、サイクリングをするというのは、都会の喧騒を忘れさせ、清々しい気持ちにさせてくれますので、仕事のことや普段の生活を忘れて、心身ともにリフレッシュさせてくれます。

町全体が、所謂「別荘族」をターゲットに商売しているような、老舗の個人店も多いため、飲食店などでは「一見さんお断り」というお店も多く、少し客単価の高い上質なお店が多いようです。

コンビニも24時間営業しているというところは(恐らく)ありません。ほとんど夜の11時には営業を終了します。

もし別荘をお持ちなのであれば、庭にバーベキューできるスペースなんていうのを設けると良いでしょう。バーベキューの食材でも買い込んで、別荘でのんびり楽しむのも悪くありません。下手にあちこち歩き回るよりも、ある程度人数がいれば盛り上がりますし、知人などを招待しても非常に喜ばれます。

軽井沢不動産のここが知りたい



軽井沢の別荘はよく売買される

23 9月, 2013 (00:00)

軽井沢の別荘はよく売買されます。

買う理由は想像がつきますが、売られるのは一体どのような理由からでしょうか。答えは単純明快、「使わなくなったから」です。

年をとってくると、別荘まで足を運ぶのも大変になってきますし、孫や親戚などが、誰も遊びに来なくなれば必要なくなってしまいます。

また近頃の不況で、経済的にも負担を感じるようになってきたという場合もあるかと思います。

別荘を所有していると、固定資産税もかかりますし、管理費用もかかってきます。

かつては羽振りが良くて、別荘を所有していたということを考えると、手放してしまうというのは、少し寂しい気もしますが、別荘というのは頻繁に使用してこそ価値があるものであって、使用しないまま所有し続けるということは、税金や管理費用の無駄でしかありません。近頃新たに別荘を購入する人の傾向としては、震災が起こった際に、自宅が倒壊したりした際の備えとして、購入するという資産家もいるようです。
出典:軽井沢の不動産サイト

購入する側にも、売却する側にも様々な理由があるようですが、とにかくこの軽井沢の別荘は、よく売られ、またよく買われているということです。